-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-25 16:22 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
img10352330711.jpg

珍しい本を見つけました

数多くの名俳優を輩出してきた香港ドラマを完全網羅した書籍が登場!

伝説的な名作から最新ドラマまで約600作に及ぶ香港ドラマと、

香港ドラマには欠かせない俳優60人のデータベースを収録した資料的にも大変価値のある一冊です。(説明より)

いいですね~この本まだ日本語版はないみたいですが・・・・

ってこれ完全TVBとタイトルが付いてないだけで・・・・

出てるドラマ&俳優TVB関係です

楽天で手に入りましたが・・・・今は買えません・・・・

買ってよかった~
スポンサーサイト
2010-04-20 03:22 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
《再生缘》全书基本上是七言排律的韵文,间以说表,写元成宗时尚书之女孟丽君与都督之子皇甫少华的悲欢离合的悲剧故事。此书抄本在民间流传38年,续者迭起,如今流传的全本20卷是杭州另一女诗人梁绳与其夫许宗彦续成的。所续后3卷不仅文词逊于原作 ,而且在故事发展上写孟丽君被封为保和公主,与皇甫少华终成眷属,并形成三女共一夫的结局,流于俗套。道光元年(1821)刊行的《再生缘全传》,女弹词家侯芝(香叶阁主人)为之作序,她不满意陈作和梁、许续作,删改而成《金闺杰》,将原著改得面目全非。又作续书《再造天》,极力宣扬“女子无才便是”,格调更低。
  《再生缘》问世后,评弹、木鱼歌、潮州歌、鼓词等均有改编本,京剧、话剧和其他地方剧种,也竞相改编演出。被陈寅恪教授称为是弹词篇中最杰出的,可以和印度、希腊有名的大史诗相比的作品。当代文豪郭沫若先生高度评价它,首次将它与《红楼梦》媲美,并称为“南缘北梦”。这部作品中,女主角孟丽君有着独特的经历、非同寻常的胆略以及在她身上所发生的接连不断跌宕起伏的故事。

この話・・・後で訳します

7808908.jpg
2010-04-20 03:12 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
新☆再生縁-明王朝宮廷物語 1 (プリンセスコミックス)新☆再生縁-明王朝宮廷物語 1 (プリンセスコミックス)
(2010/04/16)
滝口 琳々

商品詳細を見る






のお陰で再生縁の検索

なので下にこの話をドラマにした物を紹介してます

李氷氷版もあるが・・・それはいずれ・・・
2010-04-06 08:01 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
梁山伯と祝英台 (潮漫画文庫)梁山伯と祝英台 (潮漫画文庫)
(2005/11)
皇 なつき

商品詳細を見る


李朝・暗行記 (潮漫画文庫)李朝・暗行記 (潮漫画文庫)
(2005/09)
皇 なつき

商品詳細を見る


燕京伶人抄 (潮漫画文庫)燕京伶人抄 (潮漫画文庫)
(2004/10)
皇 なつき

商品詳細を見る


花情曲(はなのこえ) (潮漫画文庫)花情曲(はなのこえ) (潮漫画文庫)
(2005/10)
皇 なつき

商品詳細を見る


黄土の旗幟のもと (潮漫画文庫)黄土の旗幟のもと (潮漫画文庫)
(2005/12)
皇 なつき

商品詳細を見る


小旻が好きな漫画家の一人です~

中華絵はもう最高!!!!

この人が神描くなら絶対買う~
2010-01-02 05:52 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
うちは夫婦で活字中毒です・・・・

今は私何とか落ち着いてますが・・・(何時爆発するかは・・・分からない)

りよんの趣味の一つ・・・古本屋めぐり(司馬遼太郎の本が基本で・・・・ライトノーベルまで)

ってうちの書斎&倉庫と呼ばれる部屋にはりよんが集めた色んなジャンルの本+小旻の漫画少し

今日の休み一人ふらっと出かけて帰ってきたりよんの手には
ゴルゴ13出生の秘密 THE FIRST VOLUME SP (1) (SPコミックス)ゴルゴ13出生の秘密 THE FIRST VOLUME SP (1) (SPコミックス)
(2008/01)
さいとう たかを

商品詳細を見る

こっちはゴルゴの過去に関する4の説がまとまっています・・・・何が本当かは・・・
さいとうさん死ぬ前までは言って下さいね~

黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)
(2007/02/27)
枢 やな

商品詳細を見る

これは私へのお土産だそうで~

あくまで執事ですから~この台詞が大の気に入り(私コスロリは苦手なのに・・・なんで)

どんどん本が増えています~

今体さえ良ければ家をひっくり返したか・・・金があればリーフォムしたい
2009-12-02 02:24 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
mixiアプリでソーシャルライブラリーをはじめました

自分が読んだ本とか気になる本が整理出来そうでいいかと・・・

これからリスト整理が大変かも・・・

今は武侠本だけリストされてるが・・・これから他に漫画とか・・・で整理追いつくか・・・?

って最近アプリに嵌り過ぎな・・・私・・・農夫、牧場、水族館・・・・やりすぎ?!

(読んだ本もまず気になるリストに入ってるので・・・これから仕分けが・・・
2009-09-06 08:34 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
赤ちゃんと僕 (第1巻) (白泉社文庫)赤ちゃんと僕 (第1巻) (白泉社文庫)
(2001/12)
羅川 真里茂

商品詳細を見る


私を泣かした漫画です
単純な少女漫画と思わないで下さい~これは立派な育児漫画です(読んだ私の感想)
書いてる時独身だった作家がどうやってあんな心理をつかんだのか・・・・
未だに読むたび泣きます・・・特に最終回・・・・
皆さん読んで出し確かめ下さいな
2009-09-05 22:45 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
私が好きで良く読んでいる漫画です
ほぼ20年前『花とゆめ』に連載されたんですよ~
緑都学園の男子寮『緑林寮=グーりんウッド』に暮らす4人(忍、光流、一也、瞬)の学園生活~
                                                            ここはグリーン・ウッド(第1巻)  
ここはグリーン・ウッド(第2巻)  
ここはグリーン・ウッド(第3巻) 
ここはグリーン・ウッド(第4巻)  
ここはグリーン・ウッド(第5巻)  
ここはグリーン・ウッド(第6巻) 
続きでこの4人の大学生活とか出ないんですかね・・・・・{汗}


これは2007年書いた物・・・・昨年実写版ドラマありましたが・・・天哪
2009-08-27 02:09 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
ガラスの城 (第1巻) (ホーム社漫画文庫)ガラスの城 (第1巻) (ホーム社漫画文庫)
(2000/12)
わたなべ まさこ

商品詳細を見る


ガラスの城 (第2巻) (ホーム社漫画文庫)ガラスの城 (第2巻) (ホーム社漫画文庫)
(2000/12)
わたなべ まさこ

商品詳細を見る



ガラスの城 (第3巻) (ホーム社漫画文庫)ガラスの城 (第3巻) (ホーム社漫画文庫)
(2001/01)
わたなべ まさこ

商品詳細を見る



ガラスの城 (第4巻) (ホーム社漫画文庫)ガラスの城 (第4巻) (ホーム社漫画文庫)
(2001/01)
わたなべ まさこ

商品詳細を見る




ガラスの城 (第5巻) (ホーム社漫画文庫)ガラスの城 (第5巻) (ホーム社漫画文庫)
(2001/02)
わたなべ まさこ

商品詳細を見る



皆さんはガラスの城と言う漫画を知ってますか?わたなべまさこ作のこの漫画は子供時代の私に少女漫画の印象を深く植えつけた物です(もちろんリアルタイムじゃないですよ!!!!だって70年代マーガレット連載ですから!!!!!)

ロンドンにマリサとイサドラと言う仲良し姉妹が住んでいた・・・・彼女達は(特にイサドラが)娘を探しているストラスポード伯爵の話をしながら自分がその娘なら・・・と胸を躍らせる・・・・
ある日母が交通事故でなくなり最後の言葉をイサドラだけが聴く・・・・
この鍵で手文庫を開けてと・・・・
一人手文庫を開けたイサドラはある日記を発見する・・・書き主は・・・・マリサの実の母・・・・・書かれてるのはマリサの秘密・・・・
マリサこそストラスポード伯爵の娘・・・・マリサの母の召使だったイサドラの母が預かったの事・・・・
それを知ったイサドラは激しく嫉妬し入れ替えを計画する・・・・
そこから二人の過酷な運命は始まるのだった・・・・・
ああ・・見ながらイサドラの悪女ぶりに何回驚いたのか・・・・
マリサは可哀想で・・・少女漫画だが普通の少女漫画ではないです・・・・



この文庫本買った時書きました・・・・・まさに昼ドラに似合う・・・・・ドロドロの愛情劇・・・・
何回読んだのか・・・・・手放せない小旻の漫画コレクションの一つです
2007-03-05 09:00 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
らぶきょん9巻が出ました~
待っていたのでうれしいです(でも本国はもう14巻まで出てるが・・・・)
ドラマと違ってまだ二人がどうなるか分かりませんが・・・・早く続きが見たいですね
                                                   

                                                
それとドラマの{CD}どうしようかな・・・・BOXの感じもいいし・・・迷ってます                


2006-07-12 01:54 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
キン・フー武侠電影作法(さっぽう) 
                                                                    
白刃が唸り、女剣士が跳ぶ!香港・台湾映画界の伝説的名匠が、中国伝奇・アクション映画の神髄と奥義を明かす。(本の紹介より)最近改めて彼の映画を見てるので欲しくなりました~ (って著者にキン・フー /山田宏一 書いてあるけど・・・あの声優の山ちゃんじゃないですよね~{なんで})

2006-07-09 00:31 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
~Love in 景福宮~らぶきょん 第2巻 ~Love in 景福宮~らぶきょん 第3巻
 

                                                            らぶきょん2、3巻出ました~最近お気に入り中の一つなので読んでます
フツーの女子高生·チェギョンは、
頭がいいというわけでもないし、
とびぬけてカワイイというわけでもない。

ただちょっと
スットコドッコイな女の子。
そんな彼女が、
同じ高校に通っているクールな
イケメン皇太子·シンの妃に
なることになったから、
さあたいへん!!

もし今、韓国にまだ王室が続いていたら……?

その斬新な設定で、
韓国ティーン世代に絶大なる
人気を博し、テレビドラマ化もされた
パク·ソヒ原作のベストセラー·コミック
=ロイヤルウェディング·
ラブコメ「宮(クン)」が、

名前を「らぶきょん~
Love in 景福宮(キョンボックン)」
と改めて、ついに日本上陸!(本の紹介より)
ドラマも見れたし~続けて読もうかなと思ってます~{ラブラブ}(でも韓国では12巻まで出てるんだけど日本版は何時追いつくんだろう~{汗})                                                               ~Love in 景福宮~らぶきょん 第1巻読んでない方は一巻から~
2005-12-14 10:12 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
映画<太>飛天舞の原作漫画です{筆}{ラブラブ} 韓国では有名な女性作家が書きました{パチパチ}日本語版は有るかな{なんで}{汗}<中>{} <中>{} <中>{} <中>{} <中>{}
2005-12-04 21:50 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
 韓国版射鵰3部作(改正版)のホームページを見つけました{ひらめき} 注文サイトもあります(日本に配達出来るかは分かりません・・・)                                                       {サイド}<リンク:http://www.sajohero.com/>韓国版射鵰3部作
2005-11-17 01:40 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
<中>{051116_1409~}
<特大><太>新鵰侠侶の韓国版を手に入れました{スマイル}改正版の完訳で8巻あります(韓国では射鵰3部作の改正版が出てます) 今回は3巻まで購入(韓国の値段の2倍{ショック}) 読んだ感想は・・・・・ 母親は穆念慈に定着{汗} 伊志平出ますが彼の役割は甄志丙と言う架空の人物(伊は実在の人物なので子孫の講義が強かったらしい:30年間諦めなかった子孫は凄い~) 小龍女が楊過より若く見えるを強調{汗}(新作ドラマの年の差もこれで{OK}{なんで}) 早く全部買って読みたいが{お金}が・・・・ 3部作は揃えるつもりなので感想はその都度書きます(何時になるか{汗})
                                        <リンク:http://www.kankokuhiroba.cojp>購入先 コリアンプラザ
2005-10-24 18:01 | カテゴリ:本(漫画&韓国・・・色々)
 今<太><色:#6666cc>七剣下天山の上を読み終わりました{本}  今の感想は映画と違う{ショック}です。 人間関係と人物背景時間の流れ・・・・・ 全く違いますね(今読んでる方がいるから細かい内容は書きません) 一番悲しいのは何故日本語に訳すと武術シーンの味が落ちる事・・・・・・ 武侠小説が一杯紹介されるのは凄く嬉しいが面白さが全部伝わらないような気がして・・・・ 勿論翻訳家達は私より中国語は優れてると思います。 ただ今まで慣れてない物だから表現し難いかなと・・・ あれこれ言いながら今も読んでいる私がいます{スマイル} (七剣は天山3部作の3部です 1部は白髪魔女伝ですが日本には未発売です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。