-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-27 19:21 | カテゴリ:羅志祥
<東京開唱秀日語>小豬京采演唱會 櫻花妹狂high

■曹姮

「小豬」羅志祥昨天在東京澀谷首次開唱就征服1500名櫻花妹,瘋狂場面high爆澀谷,會後粉絲還爭相加入歌友會,盛況空前。

全程日語 粉絲零距離

不同於其他在日本辦演唱會的台灣歌手,小豬的粉絲幾乎全被「純」櫻花妹包辦,一開場他的熱歌勁舞,讓粉絲high到最高點,演唱會全程他都用自己看電視學的日語跟粉絲溝通「零距離」。

昨天他一共演唱了包括SMAP「Lion Heart」18首中日語歌曲,唱到「幾分」時他邀請粉絲上台,對著她又牽手又擁抱,最後還叫對方親他,讓台下其他櫻花妹嫉妒地大喊。

倖田來未 送花加油

結束後小豬接受採訪時提到,很開心能完成到日本開唱的夢想,下次希望能「前進武道館」,他說看到台下有粉絲落淚,真的很感動,這兩天在東京逛街也有不少日本粉絲認出他,也讓他覺得很興奮。

會場裡倖田來未送的花十分醒目,他說這次本來想請倖田來合唱,不過因為她在外地有演唱會。

小豬還說很羨慕林志玲能拍日劇,尤其是能跟他「超愛」的木村拓哉合作,他直嚷「好羨慕,可以每天跟木村黏在一起,還可能有吻戲」,媒體們紛紛反問「你想跟木村拍吻戲?」他不好意思說:「如果讓我穿女裝的話,我很願意。」

c775a476d91aee985004bb8007cf601e.jpg

簡単に・・・日本ファン祥に熱狂!!!

いつか武道館でコンサートしたいです~

キムタクと競演出来る林志玲が羨ましそうで・・・女装してでも競演したいらしい


殘酷舞台真實?Live DVD殘酷舞台真實?Live DVD
(2008/07/11)
羅志祥 ショウ・ルオ

商品詳細を見る


このコンサートが基礎ですから・・・・衣装もそのまま

まあアンコールは違う衣装だけど・・・

コンサート中トークは全部日本語・・・・頑張ったね~

トーク中僕を知ったきっかけはと聞かれ・・・・色々最近のドラマとか出たが

デビューの『四大天王』と叫んだの私ですから~

ずっと3ヶ国語で彼に話しかけてました・・・^^;


櫻花妹ですか・・・私
(櫻花妹・・・日本の若いファンですな)

暁明の時は師奶と書かれてましたが・・・・
(こっちはおばさんファン)

台湾のアイドル「ショウ・ルオ」初来日公演
2010年04月26日15時49分 / 提供:PJニュース

【PJニュース 2010年4月26日】台湾のアイドルでダンスの達人、ショウ・ルオ(羅志祥)が4月24日、渋谷のNHK近くの「SHIBUYA-AX」で日本初のライブ公演を行った。ライブには倖田來未らの花束が置かれ、多くの日本人関係者も訪れた。

リズムでノレる数々のダンスナンバーで満員の会場を魅了したショウ・ルオには、日本人のファンも非常に多い。各国のショウのファンクラブは「SFC(ショウ・ルオファンクラブの略)」と呼ばれ、会場の花束の周りには各国の手書きの「SFC」の文字が踊っていた。もちろん、日本のものもあった。

ショウの日本語は、流暢とは言わないがしゃべると非常にきれいな日本語に聞こえる。日本語は勉強中とのことで、もうすぐ彼の日本語での公演も聞かれるかも知れない。今回は日本語の歌も歌った。彼はその甘いルックスがいい。会場はもちろん多くの日本女性のファンで埋まったが、ショウを知る多くの在日の台湾人や中国人のファンも多かった。

とにかく明るく、気持ちの良いステージ。一言で言って、そんなステージだった。ひととき、イイ男を見て目の保養、という女性がとても多かったようで、いろいろな年齢の女性ファンが会場に並んでいた。

ステージが終わると、マスコミ関係者向けの会見がある。ここではマスコミ関係者を目の前に、ショウがポーズをとったり、記者の質問に答え足する時間なのだが、終始にこやかなエンターティナーとしてショウは笑顔を絶やさない。さすがに意地悪な質問は出なかったが、その天然の明るい人柄がよくわかる、そんな会見だった。

ところで、前回のアーメイにしても、今回のショウ・ルオにしても、日本のマスコミにはあまり知られていない存在だが、台湾、中国などのいわゆる「華人」の文化圏では最近非常に多くのファンがいる「次世代」のエンターティナーたちだ。彼ら、彼女らの特徴は、「気持ちよく」「親しみやすい」というキャラクターであることが挙げられる。そして、芸としての歌や踊りが非常にうまい。そして、東京でステージができることをとても喜んでいるように見える。

そして、彼らが東京で行う公演には、台湾人、中国人がとても多く、日本人が少ない(ショウの場合は日本人の女性の割合がかなり高かったが)。ステージで歌われる歌も日本の歌がお義理程度(とPJには思えた)にいくつか入るものの、合間のしゃべりは中国語だ。日本人の自分としては、とても不思議な体験である。東京にも特に中国語をしゃべる外国人が増えたことは言うまでもないが、このようにまとまった人数の中国語をしゃべる人たちと東京の中で接する機会は日本人にはまだあまり無いかも知れない。

やはり時代は変わったし、日本人も変わらざるを得ない、ということを肌で感じる。



これが日本での記事(これしか見つからない・・・)


全部新聞から写しです・・・権利はその新聞関係者に!!!!!
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://alswjd54.blog60.fc2.com/tb.php/1228-1393e27a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。