FC2ブログ
2009-09-20 04:11 | カテゴリ:武侠
日本にはやっと『金庸、古龍、梁羽生』しか知られてないが・・・・・本当はもっといっぱい作家がいます
そこですこしずつ紹介したいと思ってますが・・・・まず名前から・・・
代表作とか色々情報は調べながらUPしますので・・・・この記事はずっと修正しながらやりたいと思います

まず武侠小説とは


武侠小説における、「侠」とは己の信条に則って正義のために行動しようという精神の在り方であり、そこに手段としての武術、すなわち「武」が加わったものが「武侠」である。よって、これら2つの要素を兼ね備えた小説が武侠小説ということになるが、実際には武侠小説と呼ばれている作品の全てがこの条件を満たしているわけではなく、武侠小説の定義は極めて曖昧である。

武侠小説は、近世以前の時代を舞台に、武術による闘いを描いた作品が多く、日本の時代小説や任侠小説と多くの共通点を持っている。小説に留まらず、映画やドラマ、ゲームなど多様な媒体に進出しており、中華圏の大衆娯楽文化の一翼を担っている他、早期に翻訳が行われた東南アジアや韓国でも根強い人気を持つ。

内容は多様で、一概に述べるのは難しいが、勧善懲悪や義理を主題とした作品が多く、武術による闘いの他に、冒険、恋愛、復讐、謎解き、伝奇、史実、喜劇など、様々な要素が1つの作品に盛り込まれている。作品によっては、登場人物は超人的な武術を駆使して闘いを繰り広げており、その非現実的な様は、『北斗の拳』や『ドラゴンボール』などの日本の漫画と通じるものがある。

宋代から明代、清代にかけての時代を舞台とした作品が多いとされているが、実際は曖昧なことが多く、具体的な時代を設定しない仮想の歴史空間を舞台とした作品も少なくない。

武侠小説は、かつては低俗な大衆小説として、知識人からは馬鹿にされる傾向があった。だが、深い教養に基づき、明確な歴史観に裏打ちされた金庸、梁羽生らの作品の登場によって、現在では文学としても高い評価を受けるに至っている。(by Wikipedia)

名前が二つの人はペンネームと本名です

陈青云
莫仁
令狐庸
天宇
秋梦痕
忆文
于东楼
应天鱼
雪雁
谢天
孙晓
平江不肖生──向恺然
赵焕亭
郎红浣
伴霞楼主
易容
高庸
金锋
蹄风
伴霞楼主
曹若冰
慕容美
上击筑生
陆士谔
姚民哀
李定夷
牟松庭
张春帆
姜侠魂
避秦楼主
张梦还
风雨楼主
江一明
成铁吾
文公直
高峰
张冥飞
顾明道
还珠楼主──李寿民
王度庐
步非烟
闲云绿柳
凤歌
白羽──宫竹心
朱贞木
郑证因
徐春羽
金庸──查良镛
梁羽生──陈文统
司马翎
卧龙生
诸葛青云
萧逸
李凉
司马紫烟
柳残阳
东方玉
独孤红
秦红
古龙──熊耀华
温瑞安
倪匡
黄易
雲中岳
奇儒
上官鼎──刘兆玄
黄鹰
戊戟
马荣成
田歌
沧月
郑丰
辛弃疾──辛彦五
丁情
翔子──周翔
スポンサーサイト



秘密

トラックバックURL
→http://alswjd54.blog60.fc2.com/tb.php/754-b279f0b2