-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-18 06:29 | カテゴリ:映画(韓国&中国&台湾&洋画&邦画)
ある日どこかで 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]ある日どこかで 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
ジェーン・シーモアクリストファー・ブラマー

商品詳細を見る


1972年ミルフィールド大学で脚本家志望のリチャード・コリアーの処女作上演後のパーティー会場に、成功を喜ぶ彼を会場の隅から見ている上品な老女がいた。彼女はリチャードに歩み寄り、「(私の所へ)帰ってきて(Come back to me)」と言う不思議な言葉と、1つの懐中時計を手渡し、去っていった。周りの皆は誰一人として彼女が何者なのか知っている者はいなかった。彼女はグランドホテルの自室に戻り、リチャードの書いた脚本を胸に抱いて、思い出の曲を聴きながら、その夜、静かに息を引き取った。

8年後の1980年、脚本家となったリチャードのオフィスには、彼の大好きな曲が流れていた。仕事も私生活も行き詰まっていた彼は、原稿を求めに来る編集者から逃げるように、車で旅に出た。そしてドライブの途中で通りかかったグランド・ホテルに、引き寄せられたかのように宿泊した。レストランのオープン前にふと立ち寄ったグランド・ホテル内の歴史資料室で、リチャードは、背中に熱い視線を感じた。振り返ってみるとると、そこには若く美しい女性の写真が掛かっていた。しかし名札ははずされていた。ホテルの老ボーイに尋ねると、彼女はそのホテル内の劇場で公演をした女優であることを知る。しかも1912年のものだという。

そのときからリチャードは彼女のことが頭から離れなくなり夜も寝付けなかった。そして彼女についての調査に没頭し、写真の主は1912年当時、人気のあった女優エリ-ズ・マッケナであり、1912年以降活動しなくなったことを知る。また1972年の夜に彼女が亡くなったことも知る。彼はさらに調査を進めていくが、彼女の愛読書がリチャードの哲学教師の著書である「時の流れを超えて」である事に驚き、ここで「帰ってきて」の意味を知った。そしてリチャードは「時間」という壁にぶつかってしまった。それからリチャードが取った行動は、運命の人を求めての、信じられない旅立ちだった。(WIKI引用)

小旻はこの映画が好きなんです~(洋画の中で)

子供の頃週末テレビで流れてるのを偶然見始めてそのままずっと見続けたこの映画・・・・・

画面一つ一つに釘付けでした・・・綺麗でせつない・・・ストーリが・・・

クリストファー・リーブ=スーパーマンのイメージをなくしてくれたのも・・・・この映画でした
(今は空で星の中奥さんと静かにいられるんでしょうね・・・・・)

ってこの映画をモチーフにしたMVとかCMとか多かったです・・・

今見ると笑える・・・・黎明の『今夜你会不会来』のMVがまさにそう・・・

今度ゆっくり見直したいです・・・この映画

下に予告あります~




スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://alswjd54.blog60.fc2.com/tb.php/881-c613517f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。